人気ブログランキング |

マスターヨシのブログ

一生懸命に生きる その2

昨年(2008年)8月、とても暑い夜中のことでした。

妻の「破水した」の一言で起こされ、
当時年中組の息子と3人で病院に向かいました。

1ヶ月早い早産で、男の子を授かりました。
3000グラムに届かないとても小さな赤ちゃんでしたが、とても元気な泣き声と共に生まれたので、
出産直後の妻と「元気な赤ちゃんでよかったね」と新しい家族の誕生を喜びました。

出産から2日後、病院にいる妻から電話がありました。
「先生が赤ちゃんのことで話があるって・・・」

翌日、病院へ行って、妻とふたりでドクターの説明を受けました。
「赤ちゃんの心臓に穴が開いています。」
そして、
「染色体異常のダウン症の疑いがあります」
(後日、検査の結果、ダウン症でした)
と説明をうけました。

私は淡々と先生の説明を聞いていました。
「またか。(子どものことは)どうして普通にいかないんだ」
とその時、私は心の中で思っていました。

妻は泣いていましたが、
後で聞いてみると
「何か悪いことをしたのか考えていた。赤ちゃんに申し訳なくて」
と自分を責めていたようです。

それからは大変でした。
応急処置の外科的な手術をはじめ手術を3回、
その支援を受けるための書類の申請等、
目が回るような忙しさでした。

あれから9ヶ月、
たくさんの人の力をかりて、
4000グラムまでに成長して、来月5月には心臓の大きな手術をします。

ダウン症という障害をもった子どもを授かって、
不幸なこと、悪いことだと思ったことは一度もありません。
かわいい息子に違いないんですよ(笑)。


by yoshi_tabata | 2009-04-30 20:46 | 子ども
<< 一生懸命に生きる その3 一生懸命に生きる その1 >>



今日もがんばるマスターヨシのブログです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
 埼玉県比企郡小川町で文具・事務用品のお店をやっています。

 小さいお店なのによく続けているなと思います。

 仕事に子育てに忙しい毎日、そんな日々を綴っています。

 今日よりも明日がすばらしい日になることを未だに信じている社長?兼父親です。

たばた商店ホームページへ
以前の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧